水牛の歌

ご無沙汰でした。

昨年末‥
色々な事情が重なって、10年ほどは続けようと思ってたお教室を3年で閉めて、自宅に戻ってきました。

目前になってきた50代を向かえるまで、

ちょっと充電しながら、これからどこに向かうのか探っていこうと考えています。

村の人達のほとんどが農業を営む、この谷に帰って来た事。篠山に居る意味。音楽を続ける事‥。


『ことばは恐怖から生まれ 涙は歌をはぐくむ 自由の響に決まりはないが きけばすぐそれとわかる うたいながらあゆみゆく ひとのちからにかぎりはある だが歌はたがやしてゆく 水牛のように』ウェンディ・プサード

ぼんやりと毎日を過ごしていた年明け、東京で高橋悠治氏の、この歌を聴いて、体が震えた。

ブログタイトルを変えて、ゆるゆると再出発します。
[PR]
# by e-kp | 2012-04-07 01:49 | 日々のこと

「ちそく谷合奏団」本番報告

10月10日。
我が『ちそく谷』の神社の秋祭りで、合奏団は1日だけではありましたが、無事復活しました。


今回は、お祭りの余興という依頼でしたから、老若男女どんな人にも楽しんで頂ける音楽をと考えて、130年前フランスのモンマルトルの丘で、営業を始めた「シャノワール(黒猫)」というお店のテーマ曲をみんなで最後に歌いました。

暑い一日でしたが、東北の仲間に届け!と腕にはミサンガを付けて、黒猫の扮装をして遠い異国の古い音楽を精一杯演奏しました。

演歌教室での練習と本番の演奏を見てくださいませ!

『月は冴えて 夕暮れ時 さて、みなさま用意はいいかい?あちこちからお集まりの
さて、みなさま、用意はいいかい!』

さあさ 行こうよ モンマルトルへ
 誰かに出会える 楽しいシャノワール
さあさ 行こうよ モンマルトルへ
 月の光よ 今宵もシャノワール

『月は陰り やがて夜に これは、綺麗なお嬢様よ。ごらんなさい!トレビアン!みなさま。
さて、ご機嫌いかがですか。』

『月は暗く 夜も深く どこかしらで猫がなく 大きな目が二つ見えた さて最後に歌いましょう!』









[PR]
# by e-kp | 2011-11-19 13:17 | 日々のこと

ちそく谷合奏団再結成計画⑦

さて、いよいよ本番が近づいてきました。
ブログを見てくださってるみなさんに
お願いがあります。

ラストの曲は、ほぼ全員がピアニカを吹く為、見に来ていただいたお客様に、この文学酒場に来た常連客よろしく、沿道からやんやと歌っていただきたいのです。

この音楽家A・ブリュアンが作った文学酒場「シャノワール」のテーマ曲です。

b0169513_11373242.jpg

では、うちの村のおじさん達の歌声と共に練習してください.
(かなり、こぶしが利いております。)

さあさ 行こうよ モンマルトルへ
 誰かに出会える 楽しいシャノワール
さあさ 行こうよ モンマルトルへ
 月の光よ 今宵もシャノワール





ご来場お待ちします。
【日時】10/10〔月〕祝日 朝10時45分頃~11時30分頃の間の20分ほど。
    ~秋祭り余興~ 『フランス・キャバレー音楽』 
【場所】 大売(おおひるめ)神社  〔入場無料〕
篠山市鳳鳴高等学校のある【城北】という交差点の、北に伸びる細い道を上がってほどなく見えます。


(お知らせ)
先日訪問した宮城県女川町でのコンサートの模様が、サンテレビの兵庫県広報番組で放送されます。
■放送日:10/2(日)午前10:00~
■番組名:サンテレビ「ひょうごワイワイ」
■番組HP: http://www.sun-tv.co.jp/yy/

被災地特集の中の一つなので、どれくらい放送されるかわかりませんが、ご覧いただければ幸いです。

我が『ちそく谷合奏団』でも、メンバー全員このミサンガを付けて演奏します。
心は繋がってるよ。一緒に歩こうね。の思いを込めて。
b0169513_11255428.png
b0169513_11261072.png


[PR]
# by e-kp | 2011-09-28 11:22 | 日々のこと

ちそく谷合奏団再結成計画⑥

今回の台風の被害を受けた方はおられませんか?

先日、私が伺った宮城県の女川町でも、大雨による被害が出て、お知り合いの方も非難されたようです。

普段はほとんど見る事の無いテレビの映像を見ながら、今回も言葉を失ってしまいました。

今いるところで、出来る事を、今まで通り続ける事の延長にきっと何かに繋がる鍵があるだろうと思って今まで通り、「音楽で人を繋ぐ」活動を続けます。

さて、ちそく谷合奏団は、

小道具作りなども今までは演奏者でやっていたので大変でしたが、今回は出演者のお母様達が協力して下さっています。

あまり、詳しくは言えないので画像だけ‥。

シャノワール(黒猫)‥
b0169513_14245638.jpg


ちくちく‥。
b0169513_1426265.jpg


出来た!
b0169513_14264678.jpg


蝶ネクタイ!?
b0169513_14272782.jpg


着々と進んでいます!
[PR]
# by e-kp | 2011-09-22 14:23 | 日々のこと

ちそく谷合奏団再結成計画⑤

さて、10月10日の日が近づく中、再結成した合奏団みんなは、練習がんばっています。

今回私達合奏団が目指すのは、
20世紀初頭のパリの北方にある「モンマルトルの丘」にあったという《シャ・ノワール(黒猫)》というキャバレーをテーマにした音楽の数々‥。
b0169513_2224266.jpg


キャバレーといったら、お姉ちゃん達がおじさん客にお酒をすすめるお店を想像されるかもしれませんが‥、

このキャバレー《シャ・ノワール》に集まってきたお客は、サティ、ロートレック、ダリ、ゴーギャン、ピカソなど‥そうそうたる芸術家達。夜な夜な文学や芸術を語りあい、自分達の新しい取り組みを発表し刺激しあう「文学酒場」でした。

村の鎮守の神社でのお祭りの余興を!とお声のかかった「ちそく谷合奏団」は、老若男女どんな人も楽しめる音楽を。と思いこの時代の【フランス・キャバレー音楽】に挑戦します。まずは、この音楽から始めます。


《ikoreiko企画》2011




『モンマルトルの丘』



~サン・ヴァンサン通りの上手で ひとりの詩人と見知らぬ娘は
ほんのひと時のあいだ愛し合った けれど彼はその娘に二度と会わなかった
           
その見知らぬ娘が いつか春の朝に通りの片隅のどこかで
聞いてくれることを願い 彼はこの歌を作った~



印象派の画家ルノワールの次男で映画監督で文筆家でもあるジャン・ルノワールが自作の
映画『フレンチ・カンカン』(1955)のために作りました。
(つづく)
[PR]
# by e-kp | 2011-09-11 21:25 | 日々のこと

労働して待つことを学べ


by ぴあのれいこ
プロフィールを見る
画像一覧