2018年 05月 16日 ( 1 )

b0169513_22544029.jpg


今回の展示会は、
木工家具職人、上山隆久氏が、
イギリスの家具の歴史の流れをテーマにされたので…。

それに合わせて、
前半部は…
エリザベス1世から始まった、イギリス音楽で始めます。

↑絵は、自身もリュートを奏で、音楽を楽しむエリザベス1世。

そして、この時代に一番活躍した音楽家といえば…。

ジョン・ダウランド

b0169513_22521131.jpg



お歌で歌われる1曲目は、彼のこの曲です。

「Come again, sweet love doth now invite
thy graces that refrain to do me due delight
to see, to hear, to touch, to kiss, to die with thee again in sweetest sympathy

 どうぞもう一度、私の元へ帰って来てください。私は今、この切ない愛の心であなたをいざなうのです。
 どうか心をお開き下さい。この愛にこそふさわしい喜びをお与え下さいませんか。
 あなたを見つめ、その吐息を聴き、あなたに触れ、唇を重ね、
 そして、そのまま溶けて死んでしまうかと思われるほど、もう一度、共に心を重ね合わせたいのです」

~可愛いメロディーで、歌い上げられる、失恋の男の気持ち…。~

私たち、うまくできるかしら…。(続く…)

b0169513_11371484.jpg



✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥
投げ銭Live

「ジョン・ダウランドについて…」
(歌)無量井 英美 (スピネット)伊与田 令子
5月19日(
17:00~19:00 
(途中、コーヒータイムがあります。のんびりお寛ぎください。)

 桜の庄兵衛(さくらのしょうべい)

豊中市中桜塚2-30-35
☎ 06-6852-3270
阪急宝塚線「岡町駅」下車・徒歩約10分


[PR]
by e-kp | 2018-05-16 23:12 | スピネット行脚とチェンバロ