人気ブログランキング | 話題のタグを見る

モーツァルトと旅するピアノ2020.11.1「最後のピアノトリオ」報告❹

モーツァルトと旅するピアノ2020.11.1「最後のピアノトリオ」報告❹_b0169513_23270093.jpg
そして…。

いよいよ(*´ω`*)

メインの曲です。
(上の写真は、お客様が演奏を聴きながら描いてくださったもの)

「ピアノトリオ 7番 kv.564」

モーツァルトが書いた、
最後のピアノトリオになりました。


他の多くの曲と共に、

この頃、
借金を重ねていた

友人 プフベルク に捧げられています。


困窮して、彼に嘆願する手紙が、
多く残されていますが、

この頃、
定職に就いていたモーツァルトが、

何故ここまで、
ひっ迫していたのか…。

謎だ、と言われています。


~1788年6月27日 32歳 ウィーンにて。プフベルクへの手紙~
(抜粋) 
 
「この上なく尊敬する友にして、最愛、最上の友よ!
               
近いうちに私の方から、町へ出向いて、

あなたにじかに
お礼を申し上げることができると思っていました。

でも、今ではとてもその勇気がありません。
               
正直に申し上げて、お借りしたものを
すぐにお返しすることができないからです。

私の状況は、
どうしても借金せずにはいられないほど、困窮しています。


ややかなりの金額を、やや長い期間に渡って貸していただけないでしょうか。
    
もしも、願いが聞き届けていただけるなら、
やっと自由に息をつけることでしょう。 

              
ぜひ、私を訪ねていらしてください。私は、いつも家におります。 
             
ここに移り住んで10日の間に、
以前の住まいの2か月分よりもっと多い量の仕事をこなしました。
      
たびたび暗い考えに襲われなければ、なお一層うまくいくでしょう。

何しろ、住まいは、快適。居心地よし!おまけに安い!ときてますからね。  
               
もう、これ以上おしゃべりは、よして、沈黙して待ちわびております。

 
   永遠に感謝を捧げるあなたのしもべ ヴォルフガング・アマデウスモーツァルト」






上の映像は、
前日のリハーサルの様子です。

私たちの練習には、
食べ物が不可欠でした(;・∀・)

練習後に食べる為に
蒸される「茶碗蒸し」からの…。

なかなかのアングルです。

聴きなおしてみて…。

ほんとに心休まる良い曲でした。

生活の緊迫感など、
微塵も感じさせないのは、

歴史に名を残す
大作曲家たる所以でしょう。

〈 報告続きます。〉




★ 11月1日曜日 14:00開演〈13:30開場〉 終わりました。

料金 ¥3000 若干名募集。先着順 (喫茶は、別料金です。) 
場所 〈クラシックサロン・アマデウス 〉 ▲神戸市中央区元町通5-4-8 三木ビル地下 http://classicsalon-amadeus.com/access/


(演奏)
 ピアノ: 伊与田 令子 ヴァイオリン: 安岡 里佳 チェロ: 後藤 敏子

(おはなし・字幕)みみ

(字幕・扮装)小谷 麻衣

チラシはこちらです➡ https://ekpiano.exblog.jp/30246010/

連絡先
R・PIANO 
📞06 6972 2303 iikopiano★yahoo.co.jp(★を@にして下さい。) 



✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥
モーツァルトと旅するピアノ ライフワークのモーツァルトを弾き続ける活動です。
Facebookページで、活動の様子を発信しています。こちらです。

by e-kp | 2020-11-25 21:33 | モーツァルトと旅するピアノ

労働して待つことを学べ


by ぴあのれいこ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る