人気ブログランキング |

R・ピアノ教室 2019.4.3 ラメントバスとThe Beatles

b0169513_19290277.jpg


3月のティタイムで、
生徒たちに大受けした
テレビ番組のビデオ鑑賞の事を、
早く書きたいー!

って思いながら、
4月になってしまいました。

「ららら♪クラシック」
のThe Beatlesの回。


昨年「イギリス」という
テーマで、
一年間、音楽鑑賞して、

The Beatlesも
(すでに私の中では、クラシック音楽!
と呼んでいる)
いっぱい聴いたので…。

生徒たちは、
興味津々…。

ポール・マッカートニーの
「ミシェル」


いきなり前奏部分から、
ベースが、下降をたどり、
女の子へのやりきれない
恋心を表現…。

これは、
ルネッサンスやバロック時代の
クラシック音楽に
多用された、

~ラメント・バス(嘆きを表す低音)~
に、発端があるという!\(◎o◎)/!

例として出された曲はこれ!




(かなり古い演奏ですが、楽譜付きでわかりやすいので…)

バッハの「マタイ受難曲」から…。

イエスが一番頼りにしていた弟子が、
「私は、先生の事は知りません」
と言った後に、

以前、イエスが
「お前は『私の事を知らない』と言うだろう。」
と予言したのを思い出し、

「神さま、人間は弱いのです。どうか憐れんでください。」
と歌う名曲。

「ミシェル」も、
この曲も、人間の心の動揺を表してますねー。
のお話に、

3年前に、
この曲を聴いていた生徒達からは、
「わおー!」と、歓声が!

最近では、
この曲にも!と。

 


歌が始まったところ、
低音が下降し続けるのに気を付けて聴いてみてくださいね。

確かに、この曲も、
心の揺れ動きを歌っていますねー。

ちなみに、
この前奏、チェンバロ風のメロディから始まります。

私、オケ伴奏で、
チェンバロで弾いたことあって…。
気持ちよかったですよー。

ベース(低音)下降には
気が付きませんでした…。

毎回、お稽古の合間に
設けているティタイム。

結構、楽しんでます。

今年のテーマ、
「作曲家・ハイドン」
に戻りますー!


✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥✥

※教室にご興味のある方は、お問い合わせください。お稽古を見学頂けます。

R・ピアノ教室  〜クラシックを愉快に弾こう!〜 
https://ekpiano.exblog.jp/i4/ 小学1年生から100歳まで!老若男女、生徒募集中!

R・PIANO 
▲大阪市東成区中道2-4-8   ☎06 6972 2303 iikopiano★yahoo.co.jp(★を@にして下さい。) 
[JR・地下鉄 森ノ宮駅 or 地下鉄 緑橋駅から徒歩約8分]
〜「森ノ宮」駅から中央大通りを東へ。信号4つ目コインランドリーを右折すぐ 〜




by e-kp | 2019-04-03 19:27 | R・ピアノ教室

労働して待つことを学べ


by ぴあのれいこ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る