人気ブログランキング |

「ソナチネアルバム①」ワークショップその1 終了。

「ソナチネアルバム①」ワークショップその1 終了。_b0169513_16221775.jpg

3月8日(土)篠山と、30日(日)大阪にて、「ソナチネアルバム①」ワークショップその1 終了しました。

ピアノの両手が弾ける様になった頃に出会うこの本に、私はこの頃とても魅力を感じています。

「ソナチネ」は、可愛い小さなソナタ…というような意味があるそうですが、ソナタ形式を基本にしてはいるものの…初心者~中級者の為のレベルに合わせて書かれた短い作品なので、形式にこだわりすぎる事も無くとっても自由に書かれているのです。

「ソナタ」が大きな100号の油絵なら、「ソナチネ」は、ミニチュア画のような愉しみだ。
という解説を読んだ事があります。うまいこと言う…。

「えっ!!ここ大事なとこなのに、こんなに短い!クスクス…(笑)」というような面白さや、思わせぶりな悲しい曲調に苦笑いしたりするようなところも…。(←で、やっぱりめちゃくちゃ、短い!!)

18世紀に生きた作曲家たちが、王侯貴族の子女や奥様に、あるいはルノアールの絵にあるような裕福な家のお嬢様や、奥様の為に書いた可愛らしい曲達…。

大人の、芸術的な教養のある、決して超絶技巧の弾き手ではない女の人(←ココ重要!!)の為に作られた曲。

何だか、弾いていると、ちょっと嬉しくて、心が豊かになるのです…。

次回は、
って言っても…やっぱり「ソナタ形式」を知ろう!!というテーマ…。

どうすれば、わかりやすいかなぁ…。と頭をひねって考えてみます。

( ;∀;)ん…どうしよう…。

以前、「ブルグミュラー」や「ソナチネアルバム」位まで、ピアノを弾かれた経験のある方、
ぜひぜひ…お越しくださいね~。

こちらをどうぞ→「ソナチネ」からはじめよう!
by e-kp | 2014-03-30 16:53 | R・ピアノ教室

労働して待つことを学べ


by ぴあのれいこ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る