インドのたべもの

b0169513_23463232.jpg

日本のインド料理店は、北インドのものが多いらしい…。
比較的寒い、北インドの料理は、体を温めるために油を多めにつかってこってりしていて、お肉も比較的食べるそうです。

この間連れてって頂いたインド料理店は、南インドのものだった…らしい。

高温多湿の南インドでは、身体を冷やす作用と防腐作用があるレッドペッパーをたくさん使うそう。

でも、私にはそんなに辛くなくて、ほんとにどのお料理も、すごく美味しかった。

それからものすごい、ほんとに「大丈夫ですかー!!」くらいの大汗が出て面白すぎた。

ちょっと夏バテ気味で、足がむくんでたのに、すっかり治ってしまった(*´ω`*)
で、それから(気のせいかも?ですが…)大汗がずっと続いている。更年期か?とも思ったが、ちょっとちがう感じ。

なんて、体って単純なんだろうと思った。

大汗に大笑いして、心まで単純になった気がした。

よしもとばななさん が、日記サイトでこんな事を書いていた。

「だれもが美しく、だれもが必死でありのままに生きて、いろいろな選択をして、人生はそれだけでもういいじゃないか。こういうことをどんどん思い出していきたい。」

心配事やストレスは、今 実際に起こっているものだけにしたら、ずいぶん楽になる。

「暑いー!」「うるさいー」「ピアノがうまく弾けないー」「おなかすいた」「眠たい」「お金ない」とかです。(*'▽')

まだ起きてもない心配事は、起きたときに心配すればいい。

今、やるべきことに集中しよう!!

どうしても消えない心配は、「そうなるんだ」と思う事にした。
そうなるのなら、まだそうなってない今を楽しく生きよう。その時に対処するための準備も工夫して今日からしよう。

そんな事を考えながら…、帰りの電車を乗り間違え続けた(ノД`)・゜・。変な一日だった。
[PR]
by e-kp | 2014-07-22 00:49 | 食と体

b0169513_10592132.jpg


明日は、ピアノのお教室の生徒達が自分の練習曲を自らプロデュースして、他の生徒達や保護者やお友達を巻き込んで発表する…という新しい試みの実験的発表会。

写真は、最後のスタッフ会議で、当日のみんなの行動をまとめるタイムテーブルを作っています。

絵本朗読あり、みんなの描いた絵の展示あり、合奏あり…。即興演奏あり…。みんなの動きをまとめて書いているのですが、大変、大変。(ノД`)・゜・。

普通のピアノ発表会より、もう少しそれぞれ生徒のチャレンジ力が上がる会にできたらいいなー!の想いで企画したもので、今年は教室の仲間と知り合いだけを集めて実験的にやってみます。

なかなか会えない生徒達…。気を使い合いながら…、めんどくさがりながら…。
「こんなことやってみよ!」の気持ちを大事に、それぞれがそれぞれの想いを形にして発表するべく、お教室の交換ノートに「○○をやってみたいんですけど、だれかやってくれる人いますか?」などと書いて、生徒達の協力をお願いすることから始めてみた、この会…。

自分の企画には責任をもって、困った状況はユーモアとアイディアで切り抜ける事を相談し合い、みんなの優しさに勇気をもらいながら。

「頑張ってみるから、応援してね!」
「もちろん!」


お教室に、この言葉がいつも響いていました。世の中捨てたもんじゃないですよー!

発表した子達には、みんなで「ナイス!トラーイ!」声をそろえて言ってあげようね!!

失敗は当たり前です!問題は、転んだあとの行動なんだよっ!ピアノがみんなの生きる勇気になります様に…。

「チームRプライベートコンサートデラックス」
イベントの様子は、またご報告いたしまーす!
[PR]
by e-kp | 2014-07-19 11:28 | R・ピアノ教室

b0169513_10575358.jpg


こちらは、昨夜の大阪教室で…
おそくまで打ち合わせと、相談をする生徒2人。Hちゃんと、Mちゃん。

来週に迫ってきた「チームRプライベートコンサートデラックス」
(↑タイトル長すぎ~!!)
というお教室のイベントは、それぞれの生徒達が自分の今弾いている曲を

どうしたらこの面白さを伝えられるかを自分で考えて、内容を構成して、他の生徒達や保護者や私に相談、協力をしてもらいながら発表する。という新しい企画です。

彼女たち、お互いとても協力的で、見ていて嬉しくなります。

「絵本のここの部分を、Hちゃんに読んでほしいねん。そのあと私がピアノ弾いてな…」「うん、わかった。」「やってみよか!」


今回、はじめてのこの企画、なにもかもが初めてで本当に大変っ!

みんなやりたいことは、いっぱいあるんだけど…。進めるうちに…。

「どうしたらいいか、わから~ん。」「…ちゃんに言うのん恥ずかしい。」「めんどくさ~い」

で、私…。

なら、やめなさい!自分でやるって言うから先生も、…ちゃんもやる気になったのに。
めちゃ、残念やな~。あー残念残念。腹立つわー!
先生のピアノの練習時間返してほしいわーっ!あ~あ。

人間って、そうなると大体「えーごめんなさーい!」ってなるもので…。

保護者の方達にも、きちんとこちらの真意をおはなしして、信頼関係を築いておけば
なおの事、
おうちで「先生がな、こんなん言わはるねーん!」
でも、「お母さんはしらんよぉ~わからんしー」とか言われて、

孤立…。(*´ω`*)
どおしよう…。みんなに悪いことした。自分の責任や
「先生、ごめん。また頑張りたいけど、どうすればいい?」

ってなります。

私は、先生仕事はこういう時にほんとに喜びを感じます。

まぁ、いつもこういう風にうまくばかりはいきませんが…。(つづく…)
[PR]
by e-kp | 2014-07-11 11:25 | R・ピアノ教室