b0169513_284692.jpg


すっかり日が経ってしまいました。《家具工房でヴィヴァルディ》ご来場くださった皆様、ほんとにありがとうございました。

未就学の小さい子どもたちや、80歳を悠々超える方達、メンバーや主催者の知り合いを含め、80人もの方達と一緒にハードロックなヴィヴァルディの四季を愉しんだ素敵な夜でした。
b0169513_2123266.jpg


たった4人で、演奏するという無謀とも思えた、「四季」。
凄腕メンバーと心を合わせて、色々な趣向を凝らして、精一杯弾きました。ヴィヴァルディのドラマチックな音楽にいっぱい助けてもらいました。

今回の上山木工所は普段は家具の製作所で、舞台側はこんな感じ。
b0169513_2224834.jpg


反対側は、こんな風になってました。
b0169513_224424.jpg


不思議なご縁がたくさん繋がって実現した、幸せな演奏会でした。
b0169513_2263859.jpg

b0169513_2273172.jpg


b0169513_2281957.jpg

[PR]
by e-kp | 2016-10-28 02:28 | イベントレポート

b0169513_18533053.jpg


「おうちぴあの」は、
いつも支えてくれている、元気なスタッフ軍の愛情で成り立っています。
「よっしゃ~今度は、どんなテーマや~?」と、私の無理難題を待ち構えて守りを固めてくれています。

写真は、ラストの曲のパーカッションを リハで練習する様子。

私の感謝の気持ちは ありきたりな言葉を超えて、お客さまを感激させていました(*´∀`*)

b0169513_1915653.jpg

そして、こちらは
その日のテーマを、ピアノの声を調整して表現しようとしてくれている調律師N氏。
いつも影の大きな力です。

b0169513_19105054.jpg


たくさんの「さようなら」と「こんにちは」が交錯した今回、

    ~3月のうた~ という、谷川俊太郎の詩が テーマでした。

   わたしは花を捨てて行く ものみな芽吹く三月に…

さらりと シャンソンの様に歌って頂きましたが、まだまだ未熟な私にはあふれる感情を抑えられない1曲でした。

そして
「おうちぴあの」篠山公演ラストの1曲!まったく違うジャンルの音楽の道を歩いてきた2人の共通点を探しあぐねた結果、どちらも蛙が大好きというオチに行き着きました。(n‘∀‘)η

今日は、雨いっぱい降ってましたねー。きっとあちこちで「けけこ」って鳴いてるんだろーなー。

一番の産みの苦しみだったこの曲、次はこれを超えるぞー!の思いで覚悟の投稿!人生はチャレンジだー!


    ~おうちぴあの~    第 8 回目 終了しました。
  
     【テーマ】  ~3月のうた~

     うた:平松 尚子(ゲスト) ピアノ: 伊与田 令子 
            ライブチャージ ¥1500 各20名限定

 ~テーマに合わせた飲み物&ハードカバーのオリジナルのプログラム付き~ 
 

    3月28日(土) 15:00~16:00
場所:大阪/ R・ピアノ教室   大阪市東成区中道2-4-8
             JR環状線・地下鉄「森ノ宮」駅から徒歩8分
     
     3月29日(日)15:00~16:00 
場所: 篠山 /カフェみーつけた 兵庫県篠山市乾新町82-3
 地図



ご連絡:『R・ピアノ教室』 iikopiano@yahoo.co.jp  
             ☎ 06-6972-2303 伊与田令子 まで
[PR]
by e-kp | 2015-04-05 19:44 | イベントレポート

おうちぴあの⑧報告2

今回の「おうちぴあの」は、~生まれる、消える~を繰り返す「春」がテーマでした。

この季節、小さい時から苦手です。

気持ちが上へ下へゆらゆらして、暖かい風が吹いては可愛いドレスを初めて着たときのように嬉しくなり、冷たい風に煽られれば無人島にひとりおいてきぼりにされた真っ暗な夜の様に孤独になります。

大人になった今も、誰といても、楽しく仕事をしていても、自制できない心の波です。


料理家であり、哲学者(だと。私は思ってる)の辰巳芳子さんの春のコメント。

まだまだ、全然なのですが、どこいにてもコンロがあれば、なんちゃってスープ(愛情はいっぱい)をほぼ毎朝作ります。

「薄皮を重ねていくように、愛がある食べ物を毎日食べる事で心が落ち着く」とおっしゃる。

今回も、
スタッフと試行錯誤して考案した、さわやかな「春」をイメージした飲み物を飲んで頂きました。
なかなかの出来だった!と思ってる。

b0169513_9564763.jpg


いつも、いつもたくさんのお力に感謝のシリーズの会です。報告続く…。

    ~おうちぴあの~    第 8 回目 終了しました。
  
     【テーマ】  ~3月のうた~

     うた:平松 尚子(ゲスト) ピアノ: 伊与田 令子 
            ライブチャージ ¥1500 各20名限定

 ~テーマに合わせた飲み物&ハードカバーのオリジナルのプログラム付き~ 
 

    3月28日(土) 15:00~16:00
場所:大阪/ R・ピアノ教室   大阪市東成区中道2-4-8
             JR環状線・地下鉄「森ノ宮」駅から徒歩8分
     
     3月29日(日)15:00~16:00 
場所: 篠山 /カフェみーつけた 兵庫県篠山市乾新町82-3
 地図



ご連絡:『R・ピアノ教室』 iikopiano@yahoo.co.jp  
             ☎ 06-6972-2303 伊与田令子 まで。
[PR]
by e-kp | 2015-04-04 10:00 | イベントレポート

おうちぴあの⑧報告1

b0169513_153034.jpg


【おうちぴあの】第 8 回目 、大阪、篠山2会場にて終了しました。

終わりと始まりがテーマだった今回…。歓送迎会をイメージして、久しぶりに着物で弾かせて頂きました。

両会場にお越し頂いたお客様、心より感謝です。

で、ちょっと気が抜けてます。また、内容は改めてご報告いたしますね。

明日より、次の課題にかかります。こちらもまた改めて。今日は一日ほわーっと、幸せに過ごしました。おやすみなさい。

    ~おうちぴあの~    第 8 回目 終了しました。
  
     【テーマ】  ~3月のうた~

     うた:平松 尚子(ゲスト) ピアノ: 伊与田 令子 
            ライブチャージ ¥1500 各20名限定

 ~テーマに合わせた飲み物&ハードカバーのオリジナルのプログラム付き~ 
 

    3月28日(土) 15:00~16:00
場所:大阪/ R・ピアノ教室   大阪市東成区中道2-4-8
             JR環状線・地下鉄「森ノ宮」駅から徒歩8分
     
     3月29日(日)15:00~16:00 
場所: 篠山 /カフェみーつけた 兵庫県篠山市乾新町82-3
 地図



ご連絡:『R・ピアノ教室』 iikopiano@yahoo.co.jp  
             ☎ 06-6972-2303 伊与田令子 まで。













  
     
[PR]
by e-kp | 2015-03-31 02:05 | イベントレポート

b0169513_10564033.jpg

ブログ、ずいぶんご無沙汰しておりました。
夏休みの報告は、またあらためて…。

先日、「よりみちコンサート」というのを初めてしてみました。


お買い物や、お散歩のよりみちするように、ピアノを聴きにいらっしゃいませんか?~というコンセプトです。


初回は、
憧れの大塚真理さんに、大好きな「ピーターラビット」の絵本を朗読していただきました。

私は、彼女が作っていくうさぎのピーターの物語のドラマに、ピアノの音で寄り添いました。

ピアノは脇役であり、お話全体のまとめ役も担っていて、ほんとに面白かったのですが、ほんとに難しかったです(ノД`)・゜・。狭いお教室での「よりみち」…。
お越し頂いたみなさま、ほんとに、ありがとうございました!(*´ω`)

b0169513_1115744.jpg

(何でか?写真が横ですー(ノД`)・゜・。)

b0169513_1126740.jpg

娘がお客様へのおみやげに焼いてくれた、人参ケーキ。
お話をちょっと細工して、ピーターが持ち帰った人参で、ピーターのお母さんが作ったケーキという事にしました。

また、テーマを変えていろいろやってみたいと思います。
[PR]
by e-kp | 2014-09-25 11:15 | イベントレポート

おうちぴあの⑦終了報告

b0169513_114596.gif


田舎の自宅の小さなキッチンで、ほんとにプライベートに始めたこの会。約1年半の休止を経て、再開しました。

今回のテーマは、「歌のちから」で、裏テーマは、~女の人生は甘いだけじゃない~
(甘くない…じゃないのよん。)

ゲスト歌手のかっちゃんと挑んだのは、

ほとんどが谷川俊太郎の詩。
林光、武満徹、高橋悠治、といった一筋縄ではいかない大好きなおじさま達の曲。


今回から使用の、
中高学生時代に弾いてた思い出の古い中古のグランドピアノは、取り上げた作曲家、武満徹の好きだったというシナモンにちなみ、シナモンで作られたスティック?でハンマーに針をたくさん入れられてホワっ!とした調整になった。


ピアノの後ろにかかる書は「空不異色」。形もなければ、色も無い。でも心と体があれば、どこでもやっていけるさ!という、S朗氏からのエール。

b0169513_159734.jpg

飲み物は、テーマに合わせて
生姜を黒糖で煮詰めてソーダで割る自家製ジンジャーエール。A子氏考案で、甘いながらぴりりと辛みが残った。(子ども達にはちょっと不評…)

b0169513_232415.jpg

今の気持ちのコラムを書いたら、好きなデザイナーが続き物のプログラムを作ってくれた。

これから生きていく立ち位置を見つける為の、あるいは…3年間、期間限定の専業主婦生活の心の拠り所にするための実験的な試みだったこの会。

場所や、拠り所は変わりましたが…、

これからも、ますますわがままの極みで…。あと、23回続きます。長生きしてお付き合いくださいね~。
[PR]
by e-kp | 2014-05-02 01:45 | イベントレポート

b0169513_16221775.jpg

3月8日(土)篠山と、30日(日)大阪にて、「ソナチネアルバム①」ワークショップその1 終了しました。

ピアノの両手が弾ける様になった頃に出会うこの本に、私はこの頃とても魅力を感じています。

「ソナチネ」は、可愛い小さなソナタ…というような意味があるそうですが、ソナタ形式を基本にしてはいるものの…初心者~中級者の為のレベルに合わせて書かれた短い作品なので、形式にこだわりすぎる事も無くとっても自由に書かれているのです。

「ソナタ」が大きな100号の油絵なら、「ソナチネ」は、ミニチュア画のような愉しみだ。
という解説を読んだ事があります。うまいこと言う…。

「えっ!!ここ大事なとこなのに、こんなに短い!クスクス…(笑)」というような面白さや、思わせぶりな悲しい曲調に苦笑いしたりするようなところも…。(←で、やっぱりめちゃくちゃ、短い!!)

18世紀に生きた作曲家たちが、王侯貴族の子女や奥様に、あるいはルノアールの絵にあるような裕福な家のお嬢様や、奥様の為に書いた可愛らしい曲達…。

大人の、芸術的な教養のある、決して超絶技巧の弾き手ではない女の人(←ココ重要!!)の為に作られた曲。

何だか、弾いていると、ちょっと嬉しくて、心が豊かになるのです…。

次回は、
って言っても…やっぱり「ソナタ形式」を知ろう!!というテーマ…。

どうすれば、わかりやすいかなぁ…。と頭をひねって考えてみます。

( ;∀;)ん…どうしよう…。

以前、「ブルグミュラー」や「ソナチネアルバム」位まで、ピアノを弾かれた経験のある方、
ぜひぜひ…お越しくださいね~。

こちらをどうぞ→「ソナチネ」からはじめよう!
[PR]
by e-kp | 2014-03-30 16:53 | イベントレポート

今年も…。

もう一週間も前になるのですが、9日の日曜日、篠山市のたんば田園交響ホールにて、「東日本大震災から三年、忘れない3.11 これからもずっと」というイベントに参加しました。

b0169513_2135197.jpg


私は、昨年に引き続き、口笛奏者の方達の伴奏をさせていただきました。

福島県在住のお二人と出会えたのは、震災が生んだご縁です。

b0169513_2123471.jpg


思えば3年前の9月、自分の無力さに居ても立っても居られなくなり、震災から半年たった宮城県の女川のテント村に篠山の「いのちのうた」というメンバーの一員としてピアノを弾きに伺いました。

そのあと、石巻や福島も何度か伺いましたが、私たちが頂くのは、良いお出会いと、身に余る感謝のお言葉…そして、現地の方々から頂く勇気と優しさ。

ピアノもたいして上手に弾けない私が、こんなにたくさんのプレゼントを頂いて、お役に立つどころか今まで一度も行ったことがなかった土地に、お友達や、親戚ができたように思うこの頃です。

美しい音色の口笛奏者のおひとり柴田晶子ちゃんもブログに書いてくださいました。

晶子ちゃんブログ

仮設住宅で、照り付けられるような暑い夏や、しんしん雪が積もる冬を、日々何をしながら暮されているのだろうといつも思います。

私達ができる小さな事を積み重ねたら、少しは前に進めるのでしょうか。
福島のニュースを聞くたびに、お顔が浮かびます。
[PR]
by e-kp | 2014-03-17 21:07 | イベントレポート

「I Love Fukushima」終了。

b0169513_13412951.jpg

篠山でのイベント
「I Love Fukushima」が終了しました。

まだまだ続く被災地の方々の痛むお心に、少しでもエールを送るべく心をこめてピアノ伴奏をさせていただきました。

指揮者の小林研一郎先生の映画の上映会の、プロローグとしての演奏会でしたが、
映画の中の、先生のお言葉に、心が止まってしまいました。

「震災で体を失った方々は、どんなお気持ちだろう…」。


映画の説明
映画にも出演され、オーケストラのメンバーで、今回ご一緒した鈴木加奈子さんがブログに書いてくださいました。

鈴木加奈子さんブログ

また少しづつ、自分が出来ることをみつけてがんばります。
[PR]
by e-kp | 2013-04-02 13:39 | イベントレポート

おうちぴあの④終了

b0169513_1084487.jpg

常連の近隣のおばあちゃん達は、育てた野菜が、いつもの入場料。

篠山に移り住んだ頃、よく飲みながら励ましてくれた友達や、

新しい篠山のムーブメントを起こしてる可愛い女の子、

バングラデシュの子ども達を長く支援する親友、

義母も準備して、一緒に聴いて下さった。 みなさんあっての会。まだまだ続きます。

こちらでも↓
ikoreiko企画
[PR]
by e-kp | 2012-10-01 10:04 | イベントレポート